施工事例
ホーム 施工事例 日除け対策と3回のリフォーム

日除け対策と3回のリフォーム

お客様からのご要望
【新築外溝後1回目のリフォーム】

  • 雨の吹き込みと日除けのため、屋根を付けたい。
  • 立水栓が低くて使いにくい。
  • お孫さんが遊べる砂場と古いブロックを隠したい。

お客様からのご要望
【2回目のリフォーム】

  • 芝生の管理が大変なので、芝生の部分を減らしたい。
  • デッキを付けたいが、樹脂の物ではなく天然の木でお孫さんたちの遊ぶスペースになるようにしたい。
  • デッキに手すりを付けて、ちょっとした物を干したい。

お客様からのご要望
【3回目のリフォーム】

  • 向えにマンションが建つこともあって、上からの目隠しとテラスの暑さ対策

立水栓を使いやすいように高くして、古いブロック塀を隠すため、砂場とベンチとウォールを作りました。

2回目のリフォームでは、天然木でノーメンテナンスのウリン材のデッキ、庭の除草が楽になるように、芝生を一部、石張りに変えました。

3回目のリフォームはマンションが前に建つこともあって、上からの目隠しとテラスの暑さ対策を兼ねて、屋外用の化粧材ボードをテラスの内側に貼り、合わせて、ロールアップするタイプの日除けのブラインドを前面に取り付けました。

テラス屋根は熱遮断ポリカを使用していましたが、目隠しを希望されていましたので、テラスの下にボードを貼り、完全に光を遮断しました。
光を遮断すると少し暗くなるというデメリットはありますが、設置後の室内の温度が劇的にかわって、お施主様は喜んでおられました。
側面も隣の2階からの目隠しのため、アルミ材を取り付けました。

ウリン材は天然ですが、年月と共に趣のある色合いになっていきます。

施工事例一覧に戻る
page top